AMDA-MINDSとは

AMDA-MINDS(アムダマインズ)は、人づくり村づくりを通じ、世界の貧困地域において暮らしの改善に取り組んでいる団体です。現在、アジア・アフリカ・中南米で、保健、水と衛生、生計向上、農業、青少年育成などの社会開発の活動を展開しています。日本国内では、国際理解教育や企業連携を通じた社会教育を推進しています。

理事長からのメッセージ

理事長写真
理事長  鈴木 俊介

特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)は、岡山県に本部を構えるAMDAグループの一員です。主に開発途上国における地域の発展と、人々の生活の向上に寄与するため、中長期にわたり社会開発事業を実施しています。同分野における専門性を高め、事業内容を拡充するため、母体である特定非営利活動法人アムダの海外事業本部(2002年設置)を2007年4月に別法人化しました。

紛争や著しい困窮、また行政の脆弱性などに起因して、基礎教育や保健サービスなど様々な分野において、日本では当たり前に得られる機会を享受できない人々が暮らす地域の平和(=今日の家族の生活と明日の希望の実現)を、アジアやアフリカ、そして中南米のコミュニティが伝統として守ってきた「相互扶助」に基づいて支援、協力する基本姿勢に変わりはありません。

2002年以降、延べ12カ国の農村や都市スラムで、地域保健状況の改善や貧困削減を目的とした活動に取り組んできました。現在は、より効果的な事業運営を行い、質の高い成果を達成することができるよう、組織力の強化と専門性の向上に力を注いでいます。社会開発に携わるNGOの能力は、異なる民族、文化、言語、宗教が多様性を織りなす社会で、特にインフラや公共サービスが整備されていない環境下で事業を実施する場合に試されます。職員には、様々な困難を克服しながらプロジェクトを運営する高い実践能力が求められます。

社会開発(協力)には様々な定義がありますが、我々は、「コミュニティの主体性、自立発展性を念頭に、健康の増進と生計の向上に資する事業を実施することによって、最終的に裨益者の最小単位である家族がより幸せな生活を営めるよう、また最大の単位である地方行政組織がより良い社会を築いていけるよう、関係者とともに知恵を絞り協力すること」だと考えています。

我々NGOの職員は市民社会の構成員です。裨益者目線を大切にし、様々な関係者と協力、協調し、社会的、歴史的課題の実質的な解決に向けて、真摯に取り組むことを誇りに思い、そのために自身を研ぎ澄ます努力を怠ってはならず、それは我々NGOのプライドだと考えます。

AMDA-MINDSは、日本に本部事務所を構える法人として、憲法前文に掲げられた恒久平和への貢献が国民の責務であると理解し、確固たる成果を残すことにより、その崇高な理念の達成に向けた取組みの一助になりたいと考えています。日本発、市民発の国際貢献に皆様のご理解とご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

AMDAグループ

社会開発
特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS)
緊急救援/国際連携
特定非営利活動法人アムダ
緊急救援/国際連携
AMDA International
福祉・医療・環境
AMDA国際福祉事業団
医療情報サービス
特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター
医療支援
AMDA兵庫

年次報告書

貸借対照表の公告

2017年度貸借対照表

AMDA-MINDSの歩み

「+」をクリックすると詳細がご覧いただけます。

2007年 (平成19年) 特定非営利活動法人AMDA 社会開発機構設立

4月
ミャンマー
中央乾燥地における保健・社会開発・生計向上(マイクロファイナンスを含む)事業
コーカン特別区(現コーカン自治地域)における母子保健事業
ネパール
西タライ地域ルパンデヒ郡における母子保健事業
インドネシア
バンダアチェにおける津波被災児童のための心のケア支援事業(~2008年2月)
ニアス島震災地における保健衛生環境改善事業(~2008年5月)
南アチェ県における心と体のケアを通じたコミュニティ復興支援事業(~2008年6月)
ベトナム
バッカン省における母子健康促進事業(~2009年7月)
ザンビア
ルサカ市における結核対策事業(~2007年12月)
ルサカ市ジョージ地区におけるコミュニティセンター事業(~2014年3月)
ジブチ
難民医療支援事業(~2011年2月)
ケニア
ナイロビ市における初等教育・環境衛生改善事業(~同年6月)
ホンジュラス
テグシガルパ市などにおける青少年育成・HIV予防啓発事業(~2013年12月)
エルパライソ県トロヘス市におけるコミュニティ薬局事業(~同年7月)
ペルー
リマ市カラバイヨ地区における母子栄養改善事業(~2009年3月)
8月
ホンジュラス
エルパライソ県における母子保健事業を開始(~2012年3月)


2008年 (平成20年)

5月
緊急救援
ミャンマー・サイクロンナルギス緊急支援活動を実施(~同年6月)
6月
ザンビア
ルサカ市における結核・エイズ統合治療支援事業を開始
12月
ジブチ
ソマリア・エチオピア難民リファラル強化事業を開始

10th_2008


2009年 (平成21年)

4月
国内
本部事務所 岡山市北区蕃山町に移転
4月
ペルー
味の素株式会社との連携によるリマ市カラバイヨ地区における母子栄養改善・地域ネット
ワーク促進事業を開始(~2012年3月)

10th_2009


2010年 (平成22年)

2月
ミャンマー
パコク郡における「Healthy Village(健康な村)」事業を開始(~2015年2月)
11月
ネパール
タライ地域(ルパンデヒ郡・ナワルパラシ郡)における母子保健事業を開始(ナワルパラシ郡:~2013年3月)

10th_2010


2011年 (平成23年)

2月
ザンビア
都市コミュニティ小児保健システム強化事業を開始(~2014年3月)
3月
緊急救援
(特活)アムダが実施する東日本大震災緊急支援活動の人材派遣と側面支援を実施(~ 同年4 月)
3月
ネパール
シッダールタ母子専門病院周産期医療向上事業開始(~2013年6月)

10th_2012


2012年 (平成24年)

3月
ジブチ
ジブチ事業終了
8月
ホンジュラス
エルパライソ県トロヘス市における母子保健センター利用促進事業を開始

10th_2012


2013年 (平成25年)

2月
インドネシア
南スラウェシ州シンジャイ県における酪農技術向上支援事業を開始(~2016年2月)
2月
ミャンマー
ナムトゥ郡における水と衛生・保健改善事業を開始(~2016年1月)
3月
ホンジュラス
テグシガルパ市における青少年育成を通じた住みやすいコミュニティづくり支援事業を開始
5月
シエラレオネ
サポーティブスーパービジョンシステム強化事業を開始
12月
国内
認定NPO法人格を取得

10th_2013


2014年 (平成26年)

3月
ネパール
カブレパランチョウク郡カルパチョウク行政村にて住民能力強化を通じた生活
改善事業を開始
8月
ホンジュラス
エルパライソ県南部3市における母と子のプライマリーヘルスケア向上事業を開始

10th_2014


2015年 (平成27年)

2月
ミャンマー
パウッ郡南部における地域保健事業を開始
4月
ホンジュラス
「国家保健モデル」に基づくプライマリーヘルスケア体制強化プロジェクトを開始
5月
ネパール
カブレパランチョウク郡における震災に対する緊急救援の側面支援および復興支援事業を開始



2016年(平成28年)

1月
「持続可能な開発目標(SDGs)」が発効
2月
ミャンマー
ラショー地区における水と衛生・保健改善事業を開始
12月
ニジェール
みんなの学校:住民参加による教育開発プロジェクトフェーズ2を開始

10th_2016