ミャンマー事業

map_myanmar

2011年の民主化以降、「アジア最後のフロンティア」として脚光を浴びてきたミャンマーですが、社会経済が急速に変化、発展する一方で、ロヒンギャ難民問題は解決の糸口が見つからず、国際的な批判や非難に直面しています。金融や保険分野の規制緩和が進み、観光客が大幅に増えるなどしたものの、経済成長率は予想を下回る状況が続いており、住民の立場に寄り添った支援が必要とされています。

面積:67.7万km2 (日本の約1.8倍)
人口:5,371万人 (2018年/世界銀行)
公用語:ミャンマー語
1人あたりのGNI:1,310ドル (2018年/世界銀行)
5歳未満児死亡率:46人 (1,000人あたり、2017年/WHO)
妊産婦死亡率:250人 (10万人あたり、2018年/WHO)

シャン州ラショー郡における母子健康改善プロジェクト(2019年2月-現在)
生殖器や受精のしくみ、月経周期に関する健康教育の様子

ラショー郡が位置するシャン州北部は少数民族が多く住み、ミャンマー国内で開発が最も遅れている地域の一つとして知られています。新生児や乳幼児の死亡率が高い23村において、母子保健の向上に向けた活動に3年計画で取り組んでいます。
 
1年目の2019年度は、事業対象地の住民が自らの村の状況と課題を分析し、その結果に基づいて研修計画を策定・実施した他、地域補助保健センターを建設しました。母子保健に携わる行政スタッフと住民とか協力しあう形で巡回診療が行われるようになるなど、すでに成果が現れ始めています。なお、このプロジェクトは、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として実施しています。
 
最新の活動レポートはこちらから
2020年1月:「女性の下半身ってどうなってるの?」ミャンマー少数民族の村での母子保健研修 
2019年5月:新プロジェクトが始動しました

行政とコミュニティとの連携を通じた保健サービス利用推進事業(2020年2月-現在)
産後ケア研修の様子

マグウェ地域は降水量の少ない中央乾燥地帯に位置し、衛生状態が悪く貧困度が高い地域として知られています。主要な疾病は多い順に下痢、呼吸器系疾患、赤痢、結核であり、いずれも予防可能な感染症である他、住民にとって最も身近な保健医療施設によるサービスカバー率にも少なくない格差が生じています。
 
そこで、パウッ郡内全235村において、村のニーズに沿った保健サービスが基礎保健スタッフによって提供され、村人に利用されることで、保健衛生状態が持続的に改善されることを目指し、保健行政に関わる人材と住民の能力強化、保健行政と住民との連携強化、保健サービス利用推進のための環境整備を支援しています。なお、このプロジェクトは、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として実施しています。

最新の活動レポートはこちらから
2020年12月:多忙な保健スタッフの業務改善を目指して~5Sによる整理術~
2020年9月:ミャンマー農村部でコロナ禍に苦しむ人々

マグウェ地域メティラ郡における生計向上プロジェクト(1998年-現在)
融資返済日の様子

少額の資金を無担保で融資するマイクロファイナンス、返済期間が異なる各種融資と貯蓄、金融教育などのサービスを、64村の約2,900人に対して継続的に提供しています。このプロジェクトは、国際ロータリー第2780地区の多くのクラブをはじめ、皆様からのご寄付と外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」の資金を原資に実施しています。また、連合「愛のカンパ」中央女性により自家縫製業の立ち上げに必要な資機材等をご支援頂きました。
 
最新の活動レポートはこちら
2018年10月:経営情報システム(MIS)を導入
2018年1月:ロータリアンによるプロジェクト視察

メティラ総合病院小児病棟運営支援プロジェクト (1998年-現在)
栄養給食を食べる入院中の子どもとその母親

メティラ郡の中核拠点病院であるメティラ総合病院に対し、これまで小児病棟と給食センターの建設、医療機材の供与、医療スタッフへの研修などを長年にわたって支援してきました。2002年からは小児病棟の入院患者に対し、栄養価の高い給食の提供も継続的に支援しています。なお、この活動は多くの皆さまからのご寄付を受けて実施しています。

マグウェ地域パウッ郡安全な出産と新生児ケア推進プロジェクト(2017年2月-2020年2月)
健康教育の様子

中央乾燥地に位置するパウッ郡の中でも、特に保健医療サービスが届きにくい37集落の住民を対象に、出産に関する対応能力の向上と保健行政との連携強化を図る事業に取り組みました。日本人専門家の協力によって策定した妊娠・出産にかかるさまざまな研修を実施した他、助産師・准助産師と住民の双方が感じている課題を共有し、その解決に向けた何をすべきかを整理するための会合の開催を支援しました。なお、このプロジェクトは、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として実施しました。
 
最新の活動レポートはこちら
2019年9月:安全な出産を推進するのは村人たち
2018年11月:ハエ防止型トイレの設置を始めた村人の想い
2018年7月:環境保全啓発の取り組み
2017年11月:世界トイレデーに寄せて

受益者の声(マイクロファイナンスに参加しているタン・タン・カインさん)
タン・タン・カインさんと3人の娘さん。新築した家の前で。

私はメティラ郡に住むタン・タン・カインです。今は長年の夢だった縫製の仕事をしながら6年生と1年生、そして生まれて間もない赤ん坊の3人の娘を育てています。
 
離婚したばかりで経済的に苦しかった2014年に、AMDA-MINDSから7千円の融資を受けてお菓子屋を始めました。翌年は1万円を借りて養豚を、そして2016年に1万4千円をかりてミシンを購入しました。15歳から縫製工場で働いた経験のある私がデザインしたドレスはとても好評で、利益を増やすことができたので、2017年に2万1千円を借りて特殊な模様やボタン穴を作れるミシンを買い、翌年にはもう一台増やしました。この頃には再婚し、家も建てることができました。将来は縫製工場と契約してビジネスをもっと大きくしたいと思っています。
 
こうして少しずつ暮らしを良くしてこられたのは、日本の皆さんからの支援のおかげと感謝しています。

パートナーの声(リンクルージョン株式会社代表取締役 黒柳英哲さん)
黒柳英哲さん

私たちはミャンマーでソーシャルビジネスを展開しています。現在、AMDA-MINDSがメティラ郡で長年取り組まれている生計向上事業を、マイクロファイナンス情報管理システムの導入と運用面で支援をさせていただいています。私がAMDA-MINDSと協働させて頂いて感じることを3つご紹介します。1つ目は現地職員の皆さんが情熱を持って事業に取り組まれている事です。受益者の立場に立って小さな声も拾い上げ、常により良い方法を模索されています。2つ目はそんな現場を全面的に信頼して、サポート役に徹している日本人職員の皆さんの姿勢です。3つ目は事業の成果です。私たちはミャンマー全国でマイクロファイナンスを支援していますが、AMDA-MINDSさんの受益者の金融商品やビジネスについての理解度は群を抜いています。長年にわたる粘り強い取り組みが、しっかり現地に根付いています。私たちもAMDA-MINDSとともに、農村部の人々の生計向上に貢献していきたいと考えています。

ミャンマースタッフブログ

在宅勤務してたら、ブッシュドノエルをつくれるようになった話」 2021年1月 西尾浩美
「withコロナ」なんて無理!?徹底した対策と市民の反応」 2020年10月 西尾浩美
社会の変化を痛感」 2020年7月 江橋裕人
ミャンマーで考えた手洗いと歯にまつわる話」 2020年4月 渡辺陽子
駐在員は見た!ミャンマー伝統の『世界で最も過酷な格闘技』」 2020年1月 西尾浩美
ミャンマー事業地のとある寺院で過ごした一日」 2019年6月 渡辺陽子
ミャンマーの得度式」 2019年1月 江橋裕人
スタッフの心に寄り添う警備員~ミャンマーの現地スタッフのご紹介」 2018年9月 佐藤幸江
ミャンマーの水かけ祭り」 2018年5月 渡辺陽子
パウッで舌鼓~地元の食べ物あれこれ」 2018年2月 渡辺陽子

完了したプロジェクト

完了したプロジェクトはこちらよりご覧になれます。