ミャンマー事業地のとある寺院で過ごした一日  ミャンマー事務所 渡辺陽子

2019/06/08

今回は、担当事業地であるパウッに出張した際、週末に訪れたお寺でのことについてお伝えします。
 
日曜日の朝、事務所からバイクで20分ほどのところにある寺院へ行きました。到着すると、あちこちから子どもの元気な声が聞こえてきました。毎週日曜日の午前7時半~11時まで、小学校1年生から9年生(日本の中学3年生に相当)までの地域の子どもたちが集まり、仏教について学ぶもので、ミャンマー語で「ダマーサクー」と呼ばれています。ボランティアの先生が11人いるのですが、そのうちの一人が、AMDA-MINDSの男性スタッフ、コウライウィン(33歳)なのです。お坊さんが、子どもたち向けに仏教のレッスンを始め、先生を募集したことをきっかけに、2年前からボランティアで教えています。
 

子どもたちに声をかけるコウライウィン(右)

 
コウライウィンは、3年生の子どもたち15人ほどを担当していて、この日のレッスンのお題は「大好きな人の絵を描いてみよう」でした。学校の先生や近所の犬など、思い思いに絵を描く子どもたちへ、やさしく声をかけていました。
 
5年生や6年生のクラスでは、お年寄りを敬う事の大切さを先生が説いていたり、「友達に本を貸しました」など、最近人のためにした事について、子どもが一人ずつ発表していたりしました。お寺の裏では、地域の人々がレッスン後の昼食の準備をしています。先生もボランティアですが、食事も地域の人々の寄付で成り立っています。
 
5年生のレッスンの様子

 
お昼の時間、コウライウィンがボランティアを始めたきっかけについて、本人に聞いてみました。2年前、お坊さんから「ダマーサクー」の先生をやってくれないかと頼まれた時には、仕事が忙しいから、と一度は断ったのだそうです。それでも、日曜日の朝の時間だけだからと再度懇願され、引き受けることにしたとのこと。この2年間で、次のようなことができるようになった、と教えてくれました。
 
「忍耐力がついた。小さな子どもたちはおしゃべりしたり、しじゅう動き回るので、辛抱強くないといけない。」
 
「どうしたら子どもの注意をひきつけられるかを考え、手品や面白い話などを事前に準備するようになった。」
 
「ブッダの教えが以前よりわかるようになった。子どもたちに教える立場になって、まず自分自身がよく理解していないといけない事に気づいた。」
 
相手に合わせて辛抱強く待つ、興味を引く話を織り交ぜる、他人に理解してもらうにはまず自分自身が良く理解する、これら3つのことは、コミュニケーションにおいてとても大切な要素だと言えるかもしれません。ですが、常に実行するのは難しいこともあると思います。
 
昼食の時間になると、子どもたちは一列に並び、合掌しながらお寺へ行きます

 
私が寺院に足を運んだ頃は、ちょうど、あるスタッフとのコミュニケーションがうまくいかず、行き詰まりを感じていた時期でした。人間ですから意見が食い違うことや、話が通じにくい人もいて当たり前だと思います。ですが、それが長期にわたるとどう対応していいのかが分からなくなり、どうにかしなければと思っていたのです。
 
私はこの日、瞑想をしたり、お坊さんの説法を聞いたりしたわけではありませんが、子どもたちを相手に穏やかに話すコウライウィンの姿、最近した良い事を一生懸命に話す子どもたちを見ていたら、寺院を後にする頃には、心がふわっと軽くなっていることに気づきました。
 
コウライウィンは、普段村で活動するときや、事務所でミーティングをしている際にも人一倍、穏やかでにこにこしているスタッフです。彼の穏やかさの秘密は、毎週日曜日のお寺での時間にあったのかもしれません。私には、そうした忍耐力がまだないため、お寺で修行をせねば、と思う毎日です。