ネパール事業

  ネパール事業

map_nepalヒマラヤ山脈の裾野に位置するネパール連邦民主共和国は、123の民族・カーストが住み、多様な自然環境の中で豊かな文化を育まれてきました。しかし、都市と地方、また民族・カースト間の貧困格差が著しく、丘陵山岳地に住む少数民族、低カーストの生活向上ならびに保健衛生関連指標の改善が優先課題となっています。さらに2015年4月に発生した地震により生活の再建が緊急の課題となっています。

現在、地方2箇所(カブレパランチョウク郡、ダディン郡)において、農業振興、住居再建、建設技師養成を通じた被災地復興支援事業を展開しています。

面積:15 万㎢ ( 北海道の約1.8 倍)
人口:2,649 万人( 2011年国勢調査)
言語:ネパール語( 公用語)
1 人あたりのGNI:730US ドル(2014 年/世界銀行調べ)
5 歳未満児死亡率:36 人(1,000 人あたり、2015 年/ IGME 調べ)
妊産婦死亡率:258 人(10 万人あたり、2015 年/ WHO 等調べ)

震災復興支援活動(2015年5月-現在)
農業研修後、新たな野菜栽培に取り組む農家

農業研修後、新たな野菜栽培に取り組む農家

2015年4月25日に発生した地震で大きな被害を受けたカブレパランチョウク郡とダディン郡において、被災者の生活再建を支援しています。具体的には、地震で倒壊した家屋再建を担う地元建築技術者の育成、主たる生計手段である農業収入を増やすための支援(換金作物の栽培技術指導、付加価値を高める減農薬・減化学肥料農法などを取り入れた栽培技術指導、対象地域の水不足を踏まえた節水農法指導)の他、灌漑設備の整備や農業グループの組織化を図ることで、被災した農家の生活再建を支援しています。

これらの活動は、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として、また多くの皆様からのご支援をうけて実施しています。詳しい活動はこちらからご覧ください。

また過去の緊急救援活動の詳細はこちらよりご覧になれます。

ルパンデヒ郡母子保健向上プログラム(2016年10月-現在)

ヘルスキャンプを受診する女性ら

ヘルスキャンプを受診する女性ら


ネパール中西部ルパンデヒ郡において、母子保健医療分野の基幹病院として機能しているシッダールタ母子専門病院が実施する母子保健向上プログラムを支援しています。同プログラムでは、医療施設から遠い村に医療スタッフが赴き、無償の保健医療サービスを提供する「モバイルキャンプ」の他、女性保健ボランティアに対する研修や、小学校児童を対象とした衛生啓発活動(手洗いプログラムなど)を実施することで、地域住民、特に母と子の保健医療状況改善を目指しています。

なお、このプログラムは、医療法人髙杉会の他、多くの皆様からのご支援で実施しています。

ルパンデヒ郡4行政村就学児童・生徒環境衛生改善事業
(2014年7月-2016年1月)
小学校に完成した手洗い場

小学校に完成した手洗い場

本事業は、ルパンデヒ郡4行政村の公立小学校16校において環境衛生改善を目的に、子どもクラブの結成と能力強化、校内衛生啓発活動の推進、校内環境衛生改善などを支援しました。その結果、研修を受けた291名の児童が子どもクラブメンバーとして、校内衛生啓発活動(朝礼時の身だしなみチェック、絵画・クイズコンテストなど)を実施しました。また、校内の衛生設備(トイレ25基、ハンドポンプ2台)を新築・改修した他、子どもクラブメンバーが「衛生キャンペーンラリー(環境美化の呼びかけや共同清掃活動など)」を52回実施し、約3,600人の地域住民が参加しました。結果、環境衛生に関する正しい知識を有す児童の割合が50%から82%へ、トイレを利用する児童の割合が6%から58%に増加するなど、環境衛生面で様々な改善がみられました。

なお、このプロジェクトは、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業(外務省のサイトへ移動します)」として実施しました。

完了したプロジェクト

完了したプロジェクトはこちらよりご覧になれます。