シエラレオネ共和国「サポーティブスーパービジョンシステム強化」

サポーティブスーパービジョンシステム強化プロジェクト
(シエラレオネ共和国)(2013年5月-現在)
ボンバリ県フィールド訪問
ボンバリ県フィールド訪問

本事業は、JICA技術協力プロジェクトとして、保健衛生省から各県の保健管理局、そして県内の各保健施設への監督指導体制(サポーティブスーパービジョン)の強化を支援しています。

監督役となる職員(スーパーバイザー)の能力向上を後押しすることで、彼(女)達が各県の保健管理局や保健施設が抱える課題を正確に把握し、適切な対応策を提案できるようにするとともに、提案のいくつかをミニプロジェクトとして実現させるPDCAサイクルの実践を通じて、基礎保健サービスの改善に取り組んでいます。

研修と訪問指導を繰り返すにつれて、スーパーバイザーたちの能力は確実に向上しつつあり、ミニプロジェクトにより一次保健施設に設置されたソーラーシステムや出張予防接種サービスを行う際の移動手段として供与されたバイクなどが、安全な出産や予防接種の推進に貢献しています。

詳細はこちらから。