ラショー郡母子健康改善事業

シャン州ラショー郡における母子健康改善プロジェクト(2019年2月-現在)
生殖器や受精のしくみ、月経周期に関する健康教育の様子

シャン州北部地域は、公的保健医療施設の利用者数の割合がミャンマー国内で最も低く、保健スポーツ省の統計によれば、産前産後検診の受診率も国内最低レベルにあります。そこで、同州内の農村部に位置するラショー郡内の23村、特にビルマ族が住む地域と比較して新生児、乳幼児の死亡率が高い少数民族の居住地域において、母子の健康改善に向けた活動を実施しています。
 
具体的には、安全な出産や母子の健康に関する住民の知識の向上、母子保健サービス提供に係る体制強化、地域と保健医療機関とのネットワークの構築を通じ、対象地域に住む人々の行動変容を促すことで、母子の健康増進を目指しています。なお、このプロジェクトは、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として実施しています。
 
最新の活動レポートはこちらから
2020年1月:「女性の下半身ってどうなってるの?」ミャンマー少数民族の村での母子保健研修 
2019年5月:新プロジェクトが始動しました