グアテマラ事業

map_guatemala_rev

グアテマラ共和国は、古代マヤ文明が栄えた中米に位置し、1,600万人を超える人口は地域最大です。北部を中心に多くの遺跡が残り、人口の約半数を占める、色彩豊かな衣装を身にまとったマヤ系先住民族の伝統的な生活様式は、観光に訪れる人々を魅了しています。その一方で、国内の貧富の差は大きく、経済面から社会サービス面に至るまで、都市と農村、また民族間の格差是正が急務となっています。

こうした状況に対して、当団体は2018年3月、先住民族が多く居住する農村地域で、隣国ホンジュラスでの経験を活かした母子保健の向上を目指す事業を開始しました。

面積:10.8万km2
人口:1,658万人
言語:スペイン語(公用語)
1人あたりのGNI:3,610ドル(2015年/世界銀行調べ)
5歳未満児死亡率:29人(1,000人あたり、2015年/IGME調べ)
妊産婦死亡率:88人(10万人あたり、2015年/WHO等調べ)