AMDA-MINDS 10周年特設ページ

理事長挨拶

10周年ロゴ

amdaminds_10th_logo
当団体ではこの度、設立10周年イベントの一環として「10周年ロゴ」を制定しました。
中心に据えた10の「ゼロ」の「輪」には、AMDA-MINDSが現在活動している国で使われている言語(ミャンマー語、ネパール語、スペイン語、フランス語、英語、日本語)で「ありがとう」を意味する言葉を入れています。

このロゴには、これまで10年間支えてくださった支援者・関係者の皆様への感謝の気持ちに加え、これからも市民社会1人ひとりが手を取り合って助け合いの「輪」がつながるよう、世界に花開く元気の「輪」がつながるよう願う気持ちが込められています。
そして「誰一人取り残さない(No one will be left behind)」世界の実現に向けた「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成のためにも、AMDA-MINDSは取り残される人を『ゼロ』にすることを目指し、日々の活動を続けます。

10周年メッセージ!

感謝とありがとうの気持ちを込めて、スタッフからのメッセージを掲載します。 (クリックすると拡大します)

10th_messe_masujima

理事
増島 勇次

10th_messe_tomioka_rev

総務部 部長
富岡 洋子

10th_messe_kobayashi

ネパール事業
事業統括 小林麻衣子

10th_messe_matsuo

ミャンマー事業
プログラムコーディネーター 松尾美江

AMDA-MINDS10年の歩み

「+」をクリックすると詳細がご覧いただけます。


2007年 (平成19年) 特定非営利活動法人AMDA 社会開発機構設立

2008年 (平成20年)

2009年 (平成21年)

2010年 (平成22年)

2011年(平成23年)

2012年(平成24年)

2013年(平成25年)

2014年(平成26年)

2015年(平成27年)

2016年(平成28年)

AMDA-MINDS10周年企画

年間を通してさまざまな企画をお届けします。 その第1弾として、設立以来10か国で行って来た母子保健事業のさまざまな活動をご紹介するとともに、具体的な事例として現在ミャンマーで実施中の活動について現地駐在員がお話しします。 日時:2017年4月7日(金)13時30分-15時(13時開場) 場所:ゆうあいセンター2階 研修室1 (岡山市北区南方2-12-1) 内容: 1. 「AMDA-MINDS母子保健事業10年の歩み」 海外事業部長 田中 一弘 2. 「ミャンマー農村での出産をより安全なものに」ミャンマー駐在 松尾 美江 3. 現地駐在に訊く

fm_tanaka

田中 一弘 海外事業部長
アンゴラに2年間、ジブチに6ヶ月駐在を経験。2009年より現職。

fm_matsuo

松尾 美江
公衆衛生修士。2014年5月より現地赴任、ミャンマー中央乾燥地の事業を担当。

国際保健の分野に関心のある方に特におススメです。 開発途上国の農村の医療へのアクセスがどのようなものか、その中でお産がどのように行われているか、現地の暮らし全般についてもお話しします。 定員:先着30人(定員に達し次第締め切ります) 参加:無料 主催:特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS) 申し込み方法:こちらからお申込みください。 お問い合わせ:E-mail info@ml.amda-minds.org / TEL 086-232-8815 国内事業部 AMDA-MINDSでは、設立10周年企画として今後もさまざまなイベントを行う予定です。現地の今を駐在スタッフが直接お伝えする報告会・勉強会/国際協力活動について豊富な経験とともに分かりやすくお伝えする講演会/SDGs(Sustainable Development Goals)の勉強会など、日程は決まり次第ウェブサイト等でお知らせします。定期的なチェックとご来場をお願いします!