» 定住旅行家×NGOスタッフ トークイベントを開催しました!

【2017年11月24日】

とても趣のある会場

とても趣のある会場


左) 山田留美子 右) ERIKOさん

左) 山田留美子 右) ERIKOさん

閉会後、ホンジュラス大使館モラデル参事官と

閉会後、ホンジュラス大使館モラデル参事官と

11月23日、定住旅行家✕NGOスタッフトークイベント「ホンジュラスで輝く人々」を開催しました。雨がもうすぐ上がりそう・・・というところ、30名の方にご参加いただきました。

始めに、今回のイベントに後援もいただいている、在日ホンジュラス共和国大使館より、カレン・イベズ・モラデル・ムニョス参事官にご挨拶をいただきました。ホンジュラスのこと日本とのつながりのことなどをお話いただき、映像でのご紹介もいただきました。

次に、スピーカーの一人であるERIKOさんにお話いただきました。モデルさんならではという颯爽とした佇まいで、おそらく参加者の最大の関心事でもあった「定住旅行家」について、ERIKOさんがされていることやこれまでに訪れた国でのご経験を、分かりやすくお話くださいました。そして様々な国を旅しているERIKOさんが、中南米で最も人々が温かいと感じ、大好きな国の一つになったと仰っているのがホンジュラスです。ホンジュラスで定住された地域と、そこで一緒に暮らした人々との生活や交流についてお話される中で、ホンジュラスという国と現地の人々がどのような輝きを放っているのかを感じ取ることができました。

そして、AMDA-MINDSのホンジュラス事業統括である山田より、実施している事業で出会った「輝いている人々」を紹介しました。駐在している山田が、毎日様々なことで現地の人とやり取りをする中で見つけた輝きでもあるため、その一人ひとりのパワーを感じていただけたのではないかと思います。また、彼・彼女たちを紹介する中でAMDA-MINDSが取り組んでいる活動もお話し、ホンジュラスに支援が必要とされる課題についてもお伝えすることができました。

その後は、今年のホンジュラスのカップ・オブ・エクセレンス(コーヒーの品評会)で1位を獲得したコーヒーをいただきながら、スピーカーへの質問タイムとなりました。文化や考え方が異なる人々から学んだこと、ホンジュラスの人々の日本・日本人の捉え方、海外で病気をしたことはないか、日本の教育現場へのアドバイス、国際協力活動を始めるきっかけなどについて、お二人から教えていただきました。

また今回のイベントでは、こだわりのホンジュラスコーヒーを提供されているプンタルト様(外部サイトへ移動します)より、参加者の方々へドリップパックをご厚意で提供頂きました。お家でこちらのコーヒーをお楽しみいただく際、再び今回聞いたお話に想いを馳せて頂けることと思います。

東京都選定歴史的建造物に指定されている建物(早稲田奉仕園スコットホール)の中にあるギャラリーという、いつもとは少し異なる空間で、多方面で活動されているERIKOさんと一緒に実施できた今回のトークイベント。AMDA-MINDSの新しい発信の形として、皆様に楽しんでいただけていたら幸いです。

ご参加下さった皆様、後援をいただいたホンジュラス共和国大使館様、ご協力をいただきました皆様、そしてERIKOさん、どうもありがとうございました。