SDGs達成に向けた新たな取り組み「乳がん・子宮頸がんスクリーニングキャンププロジェクト(ネパール)」開始

2021/01/18

2021年1月からネパールにおいて、「乳がん・子宮頸がんスクリーニングキャンププロジェクト」が始まりました。このプロジェクトを通じてアムダマインズは、持続可能な開発目標(SDGs)の目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」の達成に貢献します。
 
ネパールでは女性のがん患者の内、子宮頸がんと乳がんの罹患者数が最も多く、がんに起因する死亡者数の約3割を占めています(WHO International Agency for Research on Cancer 2020)。がんの定期検診制度や予防啓発が十分整備されていないこともあり、検診受診率は低く、受診時には既に癌が進行しているケースも少なくありません。
 
このプロジェクトでは、第一三共株式会社(本社:東京都中央区)、AMDAネパール支部ならびに現地行政機関との連携のもと、カトマンズ郡ゴカルネシュワル地区において、スクリーニングキャンプや啓発活動に取り組みます。検診サービスの拡充と住民の知識向上を図ることで、乳がん・子宮頸がん検診受診者数の増加とがんの早期発見を目指します。
 

地域住民へのインタビュー調査

 
女性地域保健ボランティアへの研修

 
第一三共株式会社の本リリースに関する情報はこちらから(第一三共株式会社のサイトに移動します)
 
持続可能な開発目標(SDGs)達成にむけたアムダマインズの取り組みはこちらから。
 
ネパールプロジェクトの紹介はこちらから