「古本募金」の提携団体になりました

2020/06/01

アムダマインズは、つなぐ書店(福岡県久留米市)の「古本募金」(つなぐ書店の公式サイトへ移動します)提携団体になりました。
 
つなぐ書店は、「発達障害やその他障害がある方でも気持ちよく働ける環境を作りたい!」という発想から生まれた古書店で、2018年7月に開業されました。そして現在、不要になった本などで、地域社会に貢献している学校法人、NPO法人、公益法人などの団体に寄付ができる「古本募金」の活動を行っています。
 
古本募金として寄贈された本は、つなぐ書店が査定を行い、その査定金額がアムダマインズへの寄付となります。集まった本は、つなぐ書店で働く方々によってクリーニングされ、福岡、大阪(準備中)の店舗や通販サイトで販売されます。この販売額はつなぐ書店の収益となり、そこで働く障害をもつ方々の収入になります。一般の就労支援施設とは違い、国からの助成金や補助金(税金)を使わず、古本販売の収益のみで運営をしている点が、つなぐ書店のユニークなところです。
 
つなぐ書店の活動は、ハンディキャップのある方が活躍できる環境を提供することに繋がるだけでなく、アムダマインズを通じて国際協力に活用されます。つまり、読み終えた一冊の本が二つの社会貢献に活かされます。
 
ご不要になった本を着払いで寄付する方法はこちら(つなぐ書店の公式サイトへ移動します)に詳しく掲載されています。ご協力よろしくお願いします。