有限会社ウイルパワーと中古品・不要品寄付の連携協定を締結

2022/04/20

特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(アムダマインズ)は、2022年4月7日、環境関連ビジネスを展開する有限会社ウイルパワー(本社:岡山県倉敷市、代表取締役:江川健次郎、同社公式サイトへ移動します)と、中古品・不用品寄付の連携協定を締結しました。
 

署名式にて(右:ウイルパワー代表取締役の江川健次郎氏、左:アムダマインズ海外事業運営本部長の白幡)

 
有限会社ウイルパワーが経営するリユース・リサイクルショップ「リユースマン倉敷」は、岡山県地域No.1の取引点数を誇ります。ここに寄付者が持ち込んだ中古品・不用品の査定額が、今回の連携協定により、アムダマインズが世界の貧困地域で展開するSDGs達成に向けた取り組み(特に、目標1.貧困をなくそうと、目標3.全ての人に健康と福祉を)に寄付されるようになります。
 
対象品目は、使用済み食器、贈答品、家具、家電製品、工具、オフィス家具、自転車、楽器、介護用品、レトロ品、金プラチナ製品、金券など、多岐にわたります。持ち込まれた中古品・不用品は、同店舗でリユース商品として販売されます。
 
金銭以外で寄付ができるというだけでなく、まだ使えるけれど使わなくなったものや、もったいなくて捨てられないものを他の方に譲ることは、ごみの削減や環境保全にもつながり、SDGs目標12(つくる責任、つかう責任)の達成にも貢献できるお得な仕組みです。
 
中古品・不用品の寄付を検討される方は、まずはLINE、メールもしくは電話でリユースマン倉敷(有限会社ウイルパワー)までご相談ください。詳しくは、同社ウェブサイトから。
 
 
有限会社ウイルパワー 代表取締役 江川健次郎 コメント


 

世界の貧困地域での暮らしの改善に取り組まれているAMDA社会開発機構様と、世界の人々が希望を抱ける社会の実現に向けて連携できることを大変うれしく思っております。AMDA社会開発機構様との連携で「資源循環を通じて社会を平和で元気にする取り組み」を岡山から発信し世界各国の人々のお力になれることを誇らしく感じております。岡山県の皆様、中古品・不要品を通じて世界を元気にする活動にご協力をお願いいたします。

 
 
AMDA社会開発機構 理事長 鈴木俊介 コメント


 

環境課題の解決に取り組まれているウイルパワー様とのあらたなご縁を、大変うれしく思います。同社のコア・パーパス「未来へつなぐ社会をつくる」は、私たちアムダマインズのビジョン「今日の平和な生活が保障され、明日への希望が抱ける社会の実現」と志を一にするものです。SDGsの達成に向けて歩を進める連携パートナーを、アムダマインズの地元、岡山県で得られたことをこの上なく頼もしく、また力強く思っています。中古品・不用品寄付の仕組みをぜひご活用ください。
 
 

有限会社ウイルパワー 概要
 
【代表取締役】江川健次郎
【本社】岡山県倉敷市福田町古新田308-1
【創業】1991年
【事業内容】リユース・リサイクルショップ運営、不要品回収、海外リユース事業など
【コーポレートサイト】https://www.doguya.com/
【備考】環境省第8回グッドライフアワード「環境と福祉賞」受賞、おかやまSDGsアワード2021受賞など