コミュニティーセンター事業

コミュニティセンター支援事業(2002年-現在)
首都ルサカ市の貧困地区の一つ、ジョージ地区にあるコミュニティセンターに対して、2002年より運営協力を続けています。同センターは、ルサカ市保健局の管理の下、地区保健センターへの支援を通じて、住民の健康と福祉の増進を図ることを目的に運営されています。
現在は、ルサカ市保健局と地域住民によって構成される運営委員会によって自主的に運営されており、保健センターを訪れる患者や奉仕活動をする保健ボランティアに農作物を支給するなど、農業、養鶏、職業訓練、その他ビジネスなど多種多様な活動を通じて得られる収益の一部を還元しつつ、独立採算を維持しています。更に、則岡美保子氏の寄付により建設された賃貸住宅の家賃収入をコミュニティセンター支援へ充てることで、同センターによる社会開発活動を維持・発展させています。
保健ボランティアに支給される農作物

 
最新の活動レポートはこちら。
2021年1月:コミュニティセンターの挑戦~自立発展性の向上を目指して~