ニジェール事業

みんなの学校:住民参加による教育開発プロジェクト(2016年12月-現在)
学校で学ぶ子どもたち

ニジェールでは、2002年に策定された「教育開発10ヶ年計画」に基づき、教育のアクセス、質、システムの改善のために、学校運営委員会の設置を含めた地方分権化政策を進めてきました。これに対して、JICAは、学校運営委員会の機能化、同委員会を中心とした住民参加型の教育開発モデルの確立を支援してきました。

本事業は、JICA技術協力プロジェクトとして、これまでの成果を踏まえて、初等教育では住民参加を通した基礎学力改善を図る「質のミニマム・パッケージ」を広く普及させるとともに、中等教育では「機能する学校運営委員会」モデルの全国展開を支援しています。

なお、本事業は、アスカ・ワールド・コンサルタント株式会社が実施主体となって運営されており、当法人はその一員(共同企業体の構成員)として参画しています。

詳細はこちらから。(JICA技術協力プロジェクトサイトに移動します)