母子健康格差是正事業

ダン郡ガダワ地区における母子の健康格差是正事業(2019年2月-現在)
ネパール政府が掲げる「サービスを取り残された人に」という保健政策のもと、ダン郡ガダワ地区における母子の健康是正に、3年間の計画で取り組んでいます。
1年目(2019年度)は、不足していた医療資機材が提供されたことで、地区内の全ヘルスポスト(診療所)が、ネパール政府保健・人口省の規定を満たすことができました。また、保健人材対象の能力強化研修を開催した他、地区内全85の母親グループに対して健康教育を実施し、その母親らと一緒に「家族計画の日」に女性の権利を訴える行進を企画するなど、様々な啓発活動も実施しました。
2年目(2020年度)は、遠隔集落に簡易診療所を新設したことで、保健施設に行くのにかかる時間が1時間以上短縮されました。また、1年目に引き続き保健人材対象の研修開催や、地域住民に対する啓発活動を実施しました。
なお、本事業は外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として実施されています。
カードゲームで健康について学ぶ母親グループ

 
最新の活動レポートはこちら
2021年2月:ダン郡ガダワ地区で4つの簡易診療所がオープン!
2020年12月:ヘルスポスト(診療所)のビフォーアフター
2020年7月:ダン郡で保健医療施設の建設開始
2020年2月:追い風を味方に~2年目を迎えた母子健康格差是正に向けた取り組み
2019年10月:ダン郡の母子保健事業が本格化!
2019年2月:母子の健康格差是正に向けた新プロジェクト開始!