乳がん・子宮頸がんスクリーニングキャンプ

乳がん・子宮頸がんスクリーニングキャンププロジェクト(2021年1月-現在)
ネパール人女性で最も罹患数が多いがんは乳がんと子宮頸がんで、その数も年々増加傾向にあります。カトマンズ郡ゴカルネシュワル地区でもこれらのがん患者が確認されていますが、地区内にある7つの公的保健医療施設では、治療はおろか、乳がん・子宮頸がんのスクリーニングサービスを提供する設備も人員も整っていませんでした。また、一般の女性が、がんに関する正しい情報を得る機会はほとんどなく、羞恥心や経済状況も相まって、同地区では7割近くの女性が一度もがん検診を受けたことがない状況です。
そこで、第一三共株式会社(本社:東京都中央区)、AMDAネパール支部ならびに現地行政機関との連携のもと、同地区における乳がん・子宮頸がん検診受診者数の増加とがんの早期発見を目指し、スクリーニングキャンプの実施、検診サービスの拡充、ならびに啓発活動に取り組んでいます。
スクリーニングキャンプ会場の様子

 
最新の活動レポートはこちら
2021年1月:SDGs達成に向けた新たな取り組みを開始