パウッ安全な出産と新生児ケア

マグウェ地域パウッ郡安全な出産と新生児ケア推進プロジェクト(2017年2月-2020年2月)
健康教育の様子

中央乾燥地に位置するパウッ郡の中でも、特に保健医療サービスが届きにくい37集落の住民を対象に、出産に関する対応能力の向上と保健行政との連携強化を図る事業に取り組みました。日本人専門家の協力によって策定した妊娠・出産にかかるさまざまな研修を実施した他、助産師・准助産師と住民の双方が感じている課題を共有し、その解決に向けた何をすべきかを整理するための会合の開催を支援しました。なお、このプロジェクトは、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」として実施しました。
 
最新の活動レポートはこちら
2019年9月:安全な出産を推進するのは村人たち
2018年11月:ハエ防止型トイレの設置を始めた村人の想い
2018年7月:環境保全啓発の取り組み
2017年11月:世界トイレデーに寄せて