アグロフォレストリー推進事業

水源保全とアグロフォレストリー推進事業(2021年7月-2022年6月)
降雨量の減少や気温の上昇などが年々深刻化し、農作物の生産を脅かしているエル・パライソ県、フランシスコ・モラサン県の山間部、乾燥地帯に位置する8 市において、環境と調和した持続可能な農業の実現を目指し、アボガドやマンゴーなどの植樹、苗床の設置、水源の保全に取り組みました。
 
この事業は(公社)国土緑化推進機構「令和2年度緑の募金」助成金に加え、皆様からのご寄付により活動を実施しました。
植林のための苗木を運ぶ農家ら

 
最新の活動レポートはこちら
2022年3月:人間も自然も、ともに豊かな未来を目指して