» ESDカフェ×SDGsシリーズ Vol.5にスタッフが登壇しました

【2018年09月21日】
会場の様子

会場の様子

これからつくる私たちの未来について、色々な立場の人が自分の想いや疑問をもとに話し合う場「ESDカフェ」(主催:岡山ESD推進協議会、環境学習センター「アスエコ」)に、ネパールから一時帰国中のスタッフ奥田鹿恵子(ネパール事業調整員)が9月20日(木)、ゲストで登壇しました。

「ネパール震災復興のいま ~村人たちと共に取り組む貧困対策と教育~」と題し、ネパール大地震から3年以上が経った現在の被災地の様子、人々の暮らし、生活再建の取り組みについてお話ししました。会場の方々からは、「首都と地方部の復興度合いに違いはあるのか」「震災直後の物資支援の具体的な内容は何だったのか」など様々な質問をお寄せいただきました。

来場者の中には、先の西日本豪雨で親戚や知人が被害に遭われた方や、被災地での復興支援ボランティアに携わっておられる方も少なくなく、講演の後、引き続いて行った災害と復興支援について考えるワークショップでは、ネパールと日本という違いを超え、世界の災害対策、防災、環境保全など、様々な角度から活発な議論をすることができました。私たちAMDA-MINDSスタッフにとっても、大変よい勉強の場になりました。

小雨が降り続き足元の悪い中、ご来場いただいた皆様、イベント主催者の岡山ESD推進協議会ならびに環境学習センター「アスエコ」の皆様、本当にありがとうございました。