岡山ESDプロジェクト活動支援対象に選ばれました

【2017年06月26日】
昨年度は、国際理解教育の教材ツールを学ぶワークショップに助成いただきました

昨年度は、国際理解教育の教材ツールを学ぶワークショップに助成いただきました

AMDA社会開発機構が今年度実施予定の国際理解推進活動(講演会や参加型ワークショップなど)に対し、岡山ESDプロジェクト活動支援助成金の交付が決定し、6月9日に交付・交流会がありました。

この助成金は「岡山ESDプロジェクト2015-2019基本構想」に賛同し、岡山市及びその周辺で市民のために幅広くESDを推進する活動を行う事業に対し、交付されるものです。今年度は35団体に交付され、交流会ではそれぞれの団体の活動について共有しました。

岡山では、「岡山ESDプロジェクト(外部サイトへ移動します)」が2005年に発足して以降、2014年10~11月には「ESDに関するユネスコ世界会議」関連会議の開催、2016年には日本国内事業としては初の『ユネスコ/日本ESD賞』を受賞するなど、ESDが市民社会の大きなうねりとなり、様々な取り組みが活発に行われています。

AMDA社会開発機構も岡山に拠点を置く団体として、私たち一人ひとりが年齢や立場に関わらず、考え、学びあい、行動する場を提供することでESD活動推進の一翼を担っています。